コマンドプロンプト       

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 :名無し‾3.EXE:2013/10/07(月) 13:24:41.85 ID:fM5Bhy4F.net
cygwin?なにそれ?美味しいの?
真の漢ならコマンドプロンプト一本で勝負だ!

53 :名無し‾3.EXE:2014/06/04(水) 21:29:13.15 ID:Yu+0+pfJ.net

>>51
アンダースコアではなくバックスラッシュが
コマンドプロンプトではなく、findstrにとって特殊な文字
だからダブルクォートも検索できる

27 :名無し‾3.EXE:2013/11/11(月) 14:36:23.85 ID:Zg8WVXI7.net

プリンタのプロパティはrundll32からprintui.dll,printuientry /pで出せるけど
フォルダとかファイルのプロパティってどう打てば出ますか

136 :130:2015/07/19(日) 02:41:57.21 ID:pJAqw8xH.net

皆さん色々な方法どうもありがとうございます。

>>135の方にお聞きしたいのですが
%cd$ = C:¥users¥tarako
であった場合
¥が”&set cdname=”置換されている事により
置換後「c:&set cdname=windows&set cdname=tarako」となり
それが実行されることにより、”chname”に”tarako”が入るというプロセスで間違ってないでしょうか?

51 :名無し‾3.EXE:2014/06/03(火) 14:11:01.07 ID:MBtthnDA.net

コマンドプロンプトでアンダースコア(“_”)って特殊な文字だっけ?
echo a¥_b | findstr /c:”a¥_b”
だと何も返さなくて、
echo a¥_b | findstr /c:”a¥¥_b”
だとちゃんとa¥_bが返ってくるけど
¥_でエスケープしてるってこと?

57 :名無し‾3.EXE:2014/06/07(土) 17:19:19.83 ID:PkAB2QTN.net

正規表現扱えるツールなら
英数: 普通に書くと確実に見たままの文字、バックスラッシュでは特殊な場合がある
記号: 普通に書くと特殊な場合がある、バックスラッシュで確実に見たままの文字
ってのは割と普通の仕様じゃね?

ただ正規表現でないときでもその結果だから…findstrの詳細な仕様ないかな

255 :名無し‾3.EXE:2016/12/03(土) 02:30:52.84 ID:ESBLAoaZ.net

forfiles /s /c “cmd /v:on /c if @isdir==TRUE (set D=@relpath & echo !D:‾3,-2!)”

56 :名無し‾3.EXE:2014/06/07(土) 13:56:17.81 ID:+1IRUeRc.net

>>55
アンスコ関係ないって>>53で言ってるじゃんよ。

55 :名無し‾3.EXE:2014/06/05(木) 00:12:28.99 ID:nHrxr6gz.net

いや>>51はアンダースコアと普通の英数字で検索結果が違うことを指摘してるんじゃないの。

echo a¥_b | findstr /c:”a¥_b”
echo a¥_b | findstr /c:”a¥¥_b”

echo a¥zb | findstr /c:”a¥zb”
echo a¥zb | findstr /c:”a¥¥zb”

269 :名無し‾3.EXE:2017/02/07(火) 02:24:26.97 ID:r7aFwM43.net

パスの頭の ¥ はルートディレクトリを意味するから
CD ¥WinRAR は CD C:¥WinRAR と同じ
カレンとパスが C:¥Program Files のときに
C:¥Program Files¥WinRAR
に移動したいなら、頭の ¥ はつけずに
CD WinRAR

170 :名無し‾3.EXE:2015/09/12(土) 23:52:12.27 ID:umm4lInT.net

>>169
どゆいみ??

142 :名無し‾3.EXE:2015/08/03(月) 22:21:47.37 ID:ZQ3pRIYH.net

昔のCOBOLはDISPLAY UPON CONSOLEだったが
今ではDISPLAY UPON SYSOUT

95 :名無し‾3.EXE:2014/11/20(木) 18:38:34.22 ID:qbCtFmJZ.net

いまさらだが、バッチファイルとコマンドラインでエスケープの仕様が違うのがアツいぜ。。

207 :名無し‾3.EXE:2016/04/21(木) 11:49:48.32 ID:iU8jq9be.net

どなたかお願いします
一つのファイルをバックアップしたいのですが
単にcopyを使うだけだと元に同じファイルがあると上書きされてしまいます
上書きじゃなく連番でcopyしたいです

c:¥aaa¥bbb¥ccc.dat を連番でc:¥aaa¥bbb¥ccc連番.dat という風にしたいです
できればc:¥aaa¥bbb¥backup¥ccc連番.dat という風にしたいです
欲を言えばccc_日時_連番.dat が理想です

よろしくお願いします

162 :名無し‾3.EXE:2015/09/12(土) 00:45:59.53 ID:pnHPAZIy.net

find結果はしっかり表示されているね。
何も問題はない。find結果は

181 :名無し‾3.EXE:2015/10/25(日) 19:10:02.77 ID:yuu2ehsi.net

save と restore でパス指定の仕方が微妙に違ってた気がする。
確かsaveの時はファイルを指定する様に書かなきゃならないけど、
restoreの時はフォルダを指定するように書かないとダメだった気が。
うろ覚えなんで逆だったり間違ったりしてる可能性があるけど参考までに。

18 :名無し‾3.EXE:2013/10/14(月) 02:43:36.08 ID:ZfwV+4Sq.net

choice /? ←Windows95/98/Me/7では別売リソースキットから別途choice.exeを展開しなくても標準で使える。

237 :名無し‾3.EXE:2016/07/17(日) 16:43:20.57 ID:kcgDCIkW.net

>>236
レスありがとうございました。正常動作をいたしました。
なるほどご指摘の点理解しました事と、nullによる気の利いた添削を感謝いたします。

119 :名無し‾3.EXE:2015/04/13(月) 22:25:34.02 ID:sRNwPBBT.net

>118
つstart

76 :名無し‾3.EXE:2014/08/27(水) 22:07:47.10 ID:cuhdfebJ.net

csvdeでメンバーのデータをツリー状に出力する方法ってありませんか?

249 :名無し‾3.EXE:2016/12/02(金) 00:42:48.12 ID:R0GkSFJ0.net

サブフォルダの一覧をすべて相対パスで取得する手軽な方法はないでしょうか?
dir /ad /s /b などの出力から切り出すとしても長さを調べる必要がありそうなので。

246 :名無し‾3.EXE:2016/11/22(火) 22:33:42.18 ID:5OhnUbyw.net

6 :名無し‾3.EXE:2013/10/08(火) 20:35:36.82 ID:ke5tl6vs.net

オマンコプロンプト

308 :名無し‾3.EXE:2017/05/18(木) 21:45:42.37 ID:F9prx/MD.net

>>307
ありがとうございます
そういうことですか、一行完結でない時もある

67 :名無し‾3.EXE:2014/08/14(木) 22:54:20.75 ID:2gFiWlUr.net

ちょっとどうしたらいいかわからないの質問させてください
EACというCDリップソフトで任意のフォルダにWAVファイルとそのファイル軍のM3uを作ります
フォルダがアルバムごとに複数あります EACの掃き出しフォルダ以下のサブフォルダのWAVファイルに対して
lameとTTAでエンコしたいのです。
mp3はwavファイルがあるフォルダにエンコ TTAはTTAフォルダをアルバムフォルダに作り
そこにエンコというのを一気にしたいのです そしてm3uファイルの中の.wavという記述を
.mp3にかえる。TTAフォルダにもそのm3uをコピーしてまた拡張子を.ttaにかえたいのです
最後にエンコ終わったWAVファイルは全て任意のフォルダにまとめて移動する
移動確認後 手動BATでそのフォルダのWAVファイルを全削除という処理もしたいです

今はこんな個別のバッチを手動で行い 移動したりしています
ttaenc -e *.wav E:¥

@echo off
REM Lameのフルパス
set LamePath=”E:¥lame.exe”
REM Lameのコマンド
set LameCMD=-b 128
cd /d g:¥
for %%a in (*.wav) do %LamePath% %LameCMD% “%%‾a” “%%‾na.mp3”
exit

処理が複雑だと思うのですがよろしければ教示いただけませんでしょうか お願いします

247 :名無し‾3.EXE:2016/11/23(水) 02:18:38.89 ID:2eJjY5ur.net

メモリダンプが1.6Gって

297 :名無し‾3.EXE:2017/03/15(水) 04:40:43.68 ID:8CBzUqu5.net

プレミア見れない
ブンデス見れない
CLEL見れない
代表も見れねえちきしょう
結果知らされて見れねえちきしょうクソったれ集ストのクソ野郎地獄へ落ちろ
音楽聞けねえちきしょう
テレビ見れねえちきしょう
集ストのクズ共死ねクソ共がざまあみろ気違い共
ほれ気違い共もっともっとドア閉めろ通れ
それしか能のない能無し共がざまあみろ地獄に落ちろ
悔しいか、ざまあみろくたばれクソ集スト
お前らの恐ろしさをもっと見せてみろ。そんなんじゃなんともねえぞ
袋とじ見たぞ
悔しいか、ざまあみろくたばれクソ集スト
生きる権利もねえクズ共が藁地獄へ落ちろ
嫌がらせがエスカレートするのが楽しみでしょうがない
今それだけが楽しみだ
俺の生き甲斐藁
それだけ怒ってるってことだもんな藁
分かったか?お前らは生きる権利すらねえクソ野郎共だ
ラブホ行ったのがそんなに悔しいかざまあみろチンカス共が藁
思う存分楽しんでくるぞあばよ

236 :名無し‾3.EXE:2016/07/17(日) 15:47:23.95 ID:VllR3sqx.net

>>233
forfiles /P I:¥ /M *.ts /c “cmd /v:on /c if @fsize lss 1000000000 set BSIZE=@fsize & set /A KSIZE=!BSIZE!/1000 > nul & set /A MSIZE=!KSIZE!/1000 > nul & echo @file !MSIZE!MB”

変更点はcmdに/v:onオプション付けて遅延環境展開を有効にして%HOGE%を!HOGE!に変更した点と
set /aは計算結果が出力されるのでnulにリダイレクトして消した点

41 :名無し‾3.EXE:2014/02/27(木) 15:22:26.59 ID:PAPKFahx.net

以下のようなことをしたいのですがいい方法はありますか?

X ^ Y & Z という文字列の入った変数の内容を別の変数にコピーしたい

set A=X ^^ Y ^& Z
set B=%A%
set C=”%A%”

普通に代入しようとすると特殊文字が機能して ^ が消えたり & のせいでエラーが発生します。
クオートを付けるとクオートまで変数に代入されてしまいます。

152 :名無し‾3.EXE:2015/09/08(火) 01:18:30.59 ID:K27ILAM7.net

>>151
kwsk

228 :名無し‾3.EXE:2016/07/09(土) 15:31:32.05 ID:CujF03VL.net

コマンドプロンプトの質問スレはここですか?

Linuxでいう
echo -n “hoge ¥” piyo”
に相当するものをバッチファイル内で実現したいのですが、どうしたら良いのでしょうか?
(「hoge ” piyo」という文字列を出力したい、但し末尾に改行は付けない)

set /p HOGE=”hoge ” piyo”<NUL
を試みましたが、Enterの入力を求められてしまいました。

よろしくお願いします。

296 :名無し‾3.EXE:2017/03/14(火) 04:38:34.53 ID:f3Saq5yL.net

whereコマンドでプログラムの絶対パスを取得して、そのままコマンドプロンプト上で環境変数Pathに追加したいんだけど、なんかいい方法ありますか?
1、2行で簡単にできる書き方お願いします

91 :名無し‾3.EXE:2014/10/29(水) 02:39:48.87 ID:ytFHB4U5.net

Linuxで以下の様なawkを走らせるシェルスクリプトを使っていたのですが、

#!/bin/bash

awk ‘/hoge/{
print “hoge”
}
END{
print “END”
}’ inputfile

これをWindowsのバッチスクリプトに移植したいと思います。

ただ、バッチスクリプトではシングルクオート「’」が使えないため、
ダブルクオート「”」が入れ子状になっているとエスケープ処理が必要になるようです。
また、コマンドが複数行に渡る場合は行末に「^」が必要のようです。

そこで↓のようにやってみましたが、駄目でした。何かうまい方法はないでしょうか?

awk “/hoge/{ ^
print ¥”hoge¥” ^
} ^
END{ ^
print ¥”END¥” ^
}” inputfile

271 :名無し‾3.EXE:2017/02/22(水) 23:10:53.67 ID:Yi7JJDk3.net

マイドキュメントの場所をDドライブにするコマンドプロンプトおしえて

285 :名無し‾3.EXE:2017/02/24(金) 16:22:19.92 ID:Rdtfn9CM.net

>>280
そういうのってレジストリのどこが変わったかって、前後の差分とって特定するの??
詳しそう

302 :名無し‾3.EXE:2017/04/15(土) 16:57:44.29 ID:SpadPKVx.net

古いDELL INSPIRON 700m / WIN XP SP3です。

フリーウェアをDLしていたらブラウザとインストーラーが応答なしに。再起動したところ、
「システムのインストールが完全ではありません。セットアップを再実行してください」に。
IDE/USBアダプタ利用して、7機の外部HDDとして起動し、データを確保しました。
つまり外部HDDとしては問題なく動作します。
CDから起動し回復コンソールを試みるも、電源が落ちたり、通常起動して前記エラーで止まったり、
前回の終了が異常だからセーフモードにしますかになったりと、安定せず。
HDD障害を案じて、WIN7機ののスレーブ(E:)として、
プロパティから、Glaryの、コマンドプロンプトからのチェックディスク、
FromHDDtiSSDの完全スキャン、不良セクタ予測(HDD)を行うも異常なし。
ここで再テストも通常起動では同じエラーメッセージ。
cdからの起動(biosでcdや指定〜any key〜青画面まで)は速くなる。
回復コンソールからコマンドプロンプトに入れてもパスワードが拒否されてしまう、
回復コンソール青画面から通常起動になる、セーフモード選択画面にいってしまう等。
なお、パスワードについては、num/capsロックを意識して複数回試してダメでした。
従って、本体上でコマンドプロンプトを試すことができません。

7の外部HDDとしてコマンドプロンプトでの修復として、sfc /scannow で整合性違反は検出されません。
CHKDSK E: /f 同 /r で問題は見つかりませんでした。
bootrec /fixmbr、bootrec /Rebuildbcd、bootrec /fixbootは無効だとされます。
ここで本体に戻してみると、チェックディスクが立ち上がりましたが、やっぱり
「システムのインストールが完全ではありません・・・」に。


E:¥>rstrui.exeとすると、「システムの復元」が立ち上がりますが、
Cの7ではなくEのxpである確認はどのように可能でしょうか。
Easeus Todo Backup等でもう一台のxp機からOSごとコピーする前に行うべきコマンドは他にありませんでしょうか。

257 :名無し‾3.EXE:2016/12/04(日) 02:21:23.99 ID:4LGITtlr.net

ぶっちゃけforfiles使いづらいよね。
特に勝手に””でくくるのやめてほしい。
必要な時に自分でつけるのは簡単だけど外すのは面倒なので。

243 :名無し‾3.EXE:2016/11/05(土) 16:01:02.92 ID:MTOunFJ/.net

>>239
こんなのを作って、1)〜3)まで、やってみたが、アクセスしないと消えてくれるときもあるが、
アクセスすると、閉じても「空ではありません」的なメッセージが出てきえないんです。

set DRV=D:
set DN0=%DRV%¥Src
set DN1=%DN0%¥RDTEST

mkdir %DN1%
mkdir %DN1%¥Doc
mkdir %DN1%¥Plugins
mkdir %DN1%¥Themes

@echo +++++++++++++++++++++++++++++++++
@echo %DN1%にディレクトリを作成したので
@echo 一応、アクセスする。
@echo +++++++++++++++++++++++++++++++++
@pause

rem cd %DN0%
rd /S /Q %DN1%

@pause

274 :名無し‾3.EXE:2017/02/24(金) 01:05:40.96 ID:YwV17Wvc.net

VBSとかPowerShellとかいろいろあるにはあるんだが何も余計なものインストールしなくて一番つぶしが利くのは
昔ながらのbatもしくはcmdのバッチファイルだけ

36 :名無し‾3.EXE:2014/01/18(土) 17:47:36.46 ID:m6gHDAss.net

setx

151 :名無し‾3.EXE:2015/09/07(月) 08:48:09.13 ID:NYruvrfV.net

setとechoで一括表示

225 :名無し‾3.EXE:2016/06/05(日) 17:26:17.47 ID:rXme5Hze.net

debug

137 :130:2015/07/19(日) 02:45:04.53 ID:pJAqw8xH.net

すみません。いろいろミスりました。

>>136の訂正

%cd% = C:¥users¥tarako
であった場合
“¥”が”&set cdname=”が置換されている事により
置換後「c:&set cdname=users&set cdname=tarako」となり
それが実行されることによって、”chname”に”tarako”が入るというプロセスで間違ってないでしょうか?

115 :名無し‾3.EXE:2015/01/04(日) 16:48:36.86 ID:QcAfZYZk.net

input.txtファイルから文字を読み込んで、
文字と0xaaと排他演算してoutput.txtに出力したいんですがうまくいきません

for /f “delims=” %%i in (input.txt) do (
set /a “%%i = %%i ^ 0xaa”
echo %%i >> output.txt
)

301 :名無し‾3.EXE:2017/03/23(木) 17:39:44.41 ID:rrM/m2vb.net

文字列処理したいなら素直にフリーのsed使った方がいい

105 :名無し‾3.EXE:2014/12/20(土) 18:26:21.54 ID:D3mNuAOF.net

できるけど、無駄なことをする必要はないな。
こんなところでネットワーク講座開講されても邪魔だし。

282 :名無し‾3.EXE:2017/02/24(金) 02:25:05.02 ID:YwV17Wvc.net

>>281
XPにはwhichもそんなコマンドない

229 :名無し‾3.EXE:2016/07/09(土) 23:10:47.58 ID:1A1l0SyD.net

<NUL set /p HOGE=”hoge ” piyo”

157 :名無し‾3.EXE:2015/09/11(金) 00:31:39.37 ID:M3QRlU+f.net

ECHO は <ON>です。
になります、、

8 :名無し‾3.EXE:2013/10/08(火) 21:31:28.93 ID:BQms8Rig.net

DOS窓なんて言葉聞くと今でも心がウキウキしちゃうよね
DOSバンザイDOSバンザイDOSバンザイDOSバンザイ

306 :名無し‾3.EXE:2017/05/16(火) 00:23:18.09 ID:wlOfKORt.net

DOSプロンプトで、
( を入力してリターンを入力すると
More? と出る

なんだろう

279 :名無し‾3.EXE:2017/02/24(金) 01:31:09.41 ID:YwV17Wvc.net

ちなみにコマンドを打った時にどの外部ファイルが実行されるのかを表示するにはこうする
@echo off
for %%I in (%1 %1.com %1.exe %1.bat %1.cmd %1.vbs %1.js %1.wsf) do if exist %%‾$path:I echo %%‾$path:I

21 :名無し‾3.EXE:2013/10/15(火) 19:06:39.47 ID:LAGm2s1f.net ?2BP(1001)


WINDOWS3.0だとDOSプロンプトだった

133 :名無し‾3.EXE:2015/07/18(土) 18:25:31.86 ID:W2i+aC0P.net

>>132訂正(別の用途で使っていた書式を誤って流用していたため)
× “eol=; tokens=* delims=:/ ”

○ “eol=; tokens=* delims=”

218 :名無し‾3.EXE:2016/06/05(日) 12:11:16.46 ID:agRX8xVE.net

>>1
馬鹿は口を閉じてるといいよ

126 :名無し‾3.EXE:2015/06/20(土) 14:45:17.73 ID:jXdzTzYe.net

>>125
HKUS¥(SID)¥Consoleの下はPowerShellのキーだけで該当キーは見つからず。
HKCU¥Software¥Microsoft¥Command Processorをキーごと削除したら変更した色設定が
反映されるようになったので、とりあえずはこれで行くことにした。

13 :名無し‾3.EXE:2013/10/10(木) 19:58:48.39 ID:kg/gILcX.net

ホモくせぇコマンド教えろや

221 :名無し‾3.EXE:2016/06/05(日) 13:51:33.29 ID:zNMjKTOw.net

>>220
主語がない。

211 :名無し‾3.EXE:2016/04/24(日) 16:00:04.36 ID:CmcdE6TX.net

*だの掘ってるだの、下品なスレだな、おい。

182 :名無し‾3.EXE:2015/10/25(日) 19:15:16.70 ID:psjMMYci.net

>>181
素晴らしすぎる回答ありがとうございます。
もしご存知ならお伺いしたいのですが、
icaclsでエントリーの一覧が出力されますが、形式がバラバラでリストとして扱うには加工が難しいのですが、良いやり方をご存知ではないでしょうか?

275 :名無し‾3.EXE:2017/02/24(金) 01:10:02.48 ID:YwV17Wvc.net

ちなみにブートする時に毎度毎度chkdskが走るのはボリュームにDirtyフラグが立ちっぱなしだから
E:ドライブなら “fsutil dirty query e:” (dirtyならば) → “chkdsk e: /f” で解決

198 :名無し‾3.EXE:2016/01/03(日) 10:42:59.60 ID:cbQXifqf.net

初心者です。よろしくお願いします。
AシステムからBシステムへの取り込み用データを移す時にUSBメモリを使うのですが、
年寄りにも出来るようにバッチで行いたいのです。
(AとBのネットワークが違うため、USBで手動で行わなければならないので)

USBメモリ(E:)の中にある10個のファイルをBのPC内のC:¥DATAというフォルダにコピーしたあとメモリ内のファイルは削除してDATAフォルダを開くという一連の流れはどのようにしたら良いでしょうか?

申し訳ございませんがご指導よろしくお願いします!

284 :名無し‾3.EXE:2017/02/24(金) 16:20:11.16 ID:Rdtfn9CM.net

>>280
ちょー助かるありがと

234 :名無し‾3.EXE:2016/07/17(日) 12:01:22.61 ID:kcgDCIkW.net

追加補足:視認性のためファイルサイズの表記はMBで行いたいと思います。

例:
┌────────────────────────────┐
│この後、さんまのお笑い向上委員会 [16-07-16].ts 700KB
│さんまのお笑い向上委員会 [16-07-16].ts 0KB
│      :               :

99 :名無し‾3.EXE:2014/12/18(木) 20:38:36.18 ID:PeKd31bX.net

>>98
>毎回同じコマンド打ち込まないと動いてくれないの?
>>1
>真の漢ならコマンドプロンプト一本で勝負だ!

スレ的にバッチファイルは邪道のようですよ

14 :名無し‾3.EXE:2013/10/10(木) 22:34:08.55 ID:9TYLydVe.net

標準コマンドじゃないけどhgコマンドでどうかな

212 :名無し‾3.EXE:2016/04/25(月) 12:06:47.93 ID:WNDQ8AUf.net

>211
その発想はなかった

309 :名無し‾3.EXE:2017/05/19(金) 11:54:09.44 ID:E5IZXbov.net

lhaplus はコマンドプロンプトでも使えた

188 :名無し‾3.EXE:2015/10/26(月) 18:29:23.87 ID:f3/jM5b8.net

/save したaclファイルが編集して/restoreしても反映できません。Pがついてるからだと思うのですが、外すか他の方法ありませんか?

312 :名無し‾3.EXE:2017/07/12(水) 01:40:13.35 ID:nbzB/nRx.net

いつのまにか機能拡張されていた

if /I → 英大文字小文字を区別せず比較
cd /D → ドライブとフォルダを一度に変更

189 :名無し‾3.EXE:2015/10/26(月) 18:34:16.81 ID:8FWyl5Er.net

icacls /save を実行して保存したACLファイルをメモ帳等で開いてみれば分かると思うけど
icacls /save を実行する時にフルパスを指定していても
保存したACLファイルには各ファイルのパスがフルパスではなく
icacls /save を実行した時に指定したパスに対応した相対パスで記録されているので
そのACLファイルを使って icacls /restore でACLを復元する時には
相対パスが意味を持つように icacls /restore でパスを指定する必要がある

たとえば C:¥Users¥User¥Documents に作った Work フォルダ以下のファイルやフォルダのACLをファイルに保存する場合だと
icacls のコマンドラインヘルプの例に出てくるように

icacls C:¥Users¥User¥Documents¥Work¥* /save C:¥Users¥User¥Documents¥acl.txt /t

とワイルドカードを指定して icacls /save を実行すると
ACLを保存した acl.txt には Work をカレントとした相対パスが記録される( Work 自体は記録されない)ので
この acl.txt を使って Work フォルダ以下のファイルやフォルダのACLを復元するには

icacls C:¥Users¥User¥Documents¥Work /restore C:¥Users¥User¥Documents¥acl.txt

のように icacls /restore で Work フォルダをパスとして指定する
同じことは

icacls C:¥Users¥User¥Documents¥Work /save C:¥Users¥User¥Documents¥acl.txt /t

のような書式でもできるけど
この場合だと acl.txt に Work¥*** のように Work を含む相対パスが記録される( Work 自体も記録される)ので
この acl.txt を使って Work フォルダ以下のファイルやフォルダのACLを復元するには

icacls C:¥Users¥User¥Documents /restore C:¥Users¥User¥Documents¥acl.txt

のように一つ上の階層の Documents フォルダを指定する必要がある
またこの場合は Work フォルダ自体のACLも保存・復元の対象になる
(上のワイルドカードを使う書式の場合は Work フォルダ自体のACLは保存・復元の対象にはならない)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

CAPTCHA


この記事を読んだ方へのおすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近のコメント

コメントはまだありません
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ページTOPへ↑